スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はじかみ」 第104回フリーワンライ お題:「スパイスをきかせた恋はいかが?」

「どうしてこんなこともできないの? いつまでも私が手伝っていられないっていうのに」
「ごめんね涼ちゃん」
「大体要領が悪すぎるのよ」
 出来が良くて面倒見が良くて、ちょっと辛口な幼馴染みの涼ちゃんは、いつもなんだかんだ言いながら私の作業を手伝ってくれる。
「式は明日でしょ。寝不足なんて絶対できないんだからもっと気合い入れて手を動かして」
「うん、ありがとう。頑張るよ」
 包んでも包んでも終わりが見えなかったドラジェは涼ちゃんの介入により漸く希望が見えてきた。
 明日は私の結婚式だ。本当はもっと早く終わってないといけない作業だったのに、私はいつもこうだ。
「……こうしてると夏休み最後の日みたい」
「無駄口叩く余裕はあるのね」
「あ、ごめん」
「いいわよ。超優秀な私が手伝ってるんだもの、必ず目標までに終わらせるんだから気にせず喋って頂戴」
 確かに涼ちゃんの両手は超高速で動き、正確に美しくドラジェが包まれていく。
 本当にあの頃みたい。
 私は昔からとろくて要領も悪くて、毎日夏休みの宿題をやっているはずなのに、夏休み最後の日には宿題が大量に残っていて、七月中に日記以外の宿題を終わらせた涼ちゃんが毎年助けにきてくれていたのだ。
「私も涼ちゃんみたいになりたかったな」
「あなたには無理よ」
「そうだね」
 生まれながらの出来が違うとしみじみ思う。だけど嫉妬はしない。だってこんなに駄目な私に今も付き合ってくれるなんて超良い子だもん。
「大体今日これを手伝うべきは新郎じゃないの? どこ行ってるの?」
「独身最後の夜だから友達と飲みに行くんだって。結婚したら今までみたいで自由じゃなくなるからって」
「良いご身分だこと」
 涼ちゃんは賢いから、私の考えの及ばないところで私の結婚相手を良く思ってないらしい。
 付き合うのも結婚も相手に言われるままで私がなにも決めてないんじゃないか、って。
 私としてはなんでも向こうが決めてくれるのは優柔不断な私に合ってるんじゃないかしらと思うのだけど。
「あ、すごい。あんなにあったのに、もう終わっちゃった」
「私が手伝ったんだから当然でしょ」
「本当にありがとう。そうだお礼に夕飯食べてってよ。お母さんに言ってくるから」
「花嫁修業の成果は見せてくれないの?」
「それはねーまだ頑張ってる最中かも。また今度ね」
「その今度って何年後かしら」
 涼ちゃんは料理も上手いから、どんなに修行しても自信を持って料理を出せない気がする。
 しかもおしゃれなんだよね。私のは本当に家庭料理って感じだし。
 小さな食卓を涼ちゃんと囲む。これも夏休み最後の日の風物詩。
 今日のメニューは本当に簡素なものだ。結婚式の前日でお母さんもばたばたしていたから、昼の煮物の残りとご飯、お味噌汁。それから佃煮と漬け物。
「はじかみがかぶってる」
 そんな食卓を見て涼ちゃんが一言そう言った。
「え、はじかみは一つだけだよ」
「料理のはじかみはこの漬け物よね。でも実山椒の佃煮もあるでしょ。山椒のこともはじかみって呼ぶのよ」
「そうなの?」
「日本古来の口に入れて辛いものの総称なのよ。生姜も山葵も辛子も全部」
 涼ちゃんは物知りだな。
「端っこだけ噛むからはじかみなのかと思ってた」
「小学生みたいなことを言うのね」
「じゃあ涼ちゃんもはじかみなの?」
 じろり、と睨まれる。涼ちゃんの辛口をはじかみに例えるのは駄目だったみたい。
「美味しいし、爽やかだし、私ははじかみ好きだけど」
「……私もよ」
「涼ちゃんのことも大好きだよ」
「そこは同意しないわ」
 やっぱり辛口。
 びっくりするくらい普段通りの夜で、思い出話とかもっとしんみりするものだと思ってたけど、こういうのも悪くない。
「もし結婚が嫌になったら連絡しなさい。嘲笑いに行ってあげるから」
「うん」
「そのときは今日以上に食卓をはじかみだらけにしてあげるわ。あなた辛口が好きみたいだし」
「うん」
「私だって暇じゃないんだから早めにしてよ」
「わかった」
「あなたのわかったって信用ならないのよねえ」
 普段通りの幸せな夜だ。独身最後の夜にはちょうど良い。
 そんなことを考えてにこにこしていたらはじかみを口に突っ込まれた。
 今夜もぴりっと辛いのね。
スポンサーサイト

「素敵な縁結び」 第102回フリーワンライ お題:「太陽に憧れる星」

 人間程良いのが一番いいのだと思う。
 程良く美人で程良く善人で程良く賢い。
 程良い人間の周りには人が良く集まってくる。
 周囲を程良い陽気で暖かくする、彼女は太陽のような人だ。

 程良くない人間は、遠巻きにされる。
 劣っていても秀でていても人は寄ってこない。
 夜空に輝く白い小さな星は、太陽よりも大きくて太陽よりも熱い。
 生き物に恵みなんて与えない独りぼっちの星だ。

 友達になれたらいいな、と思う。
 あの太陽みたいな子なら受け入れてくれるんじゃないだろうか。
 だけど私の白い熱はあの子を燃やしてしまうだろう。近付かないのが賢明だ。
 今日も遠巻きにあの子を見ているの。


 休日は通帳と睨めっこ。
 働けばお金は貯まるけれど、使い道はない。
 まだ未成年で家族と同居しているし、服もお母さんが買ってくるのを着てるくらいでこだわりはない。
 友達でもいれば遊びに使えるのだろうか。
 そういうときにあの子の顔が浮かぶのだ。話したこともないのに。
 どんなファッションが好きなのかな?
 お気に入りのカフェはどこ?
 休日を費やしてしまうような趣味はなに?
 恋みたいだね。片思いだけど。

 少し考えて文房具を買うことにした。
 大人になっても使えるような、ちょっといいやつを買おう。
 銀座のお店に行けば色々ありそう。色がきれいで重心が低い筆記具が欲しいかもしれない。


 月曜日、何故だかクラスでひそひそされている気がする。
 昨日買った新しいペンが不格好に見えて笑われているのかもしれない。
 寸胴で重心低くて、ちょっと高いけど保証付きのいいペンなんだけどな。首から提げることもできるし。

 火曜日、何故かぼっちの私に少し人が寄ってきた。
 どうやら誰かがペンの値段を調べたらしい。試し書きさせてほしいと言われた。
 なんだか嫌な感じだったので断った。

 水曜日、あの子まで寄ってきた。
 他の人と同じように試し書きさせて欲しいと。この子以外なら迷わず断るのに。
 迷いながら曖昧に言葉を濁す。

 木曜日、またあの子がやってきた。
 どうしても使ってみたいのだと言う。
 私は、あの子の笑顔を私に向けて欲しかったの。

 金曜日、体育から戻るとペンが消えていた。
 不用心だったと言われればその通り。高額で無くしたら困るものを持ってきていた私が悪い。
 あの子は私のところへ来なかった。
 ペンを無くした私に用は無いのだろう。



 土曜日、街外れのカフェで書き物をするあの子を見かけた。
 不用心にもほどがある。あのペンはこの街では売っていないのに。
 夢中になってスマホのシャッター音にも気付かない。

 月曜になったら、あの子の友達になってと言いにいこう。
 そして私は太陽に寄り添う星になる。
 きっと骨も残らないくらい、傍にいてくれるよね?
プロフィール

イマイマイ

Author:イマイマイ
へたれゲーマー。最近はもっぱら家庭用。
本命はテクニクビート。愛してます。

ランキングサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
グリムス
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
あわせて読みたい

あわせて読みたい

続きが読みたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。